My Journal

おもに旅行記書いてます

今日の撮影~武蔵野線・久留里線・EF65-1121~


My Journal

 【本日のベストショット~その1~】


My Journal
 【本日のベストショット~その2~】


1枚目の写真の車両、右向きに動いてます。(笑)


もうちっと無理してでもシャッタースピード下げた方が分かりやすかったか。


以上、ベストショットでした。


ここからは時系列で写真を載せてきます。


前回、鉄道写真を撮ったのは2月11日


実に1ヵ月半ほどぶりに鉄道写真を撮ったわけだが、腕は鈍ってないのだろうか心配だった。


1ヵ月半ぶりに撮った最初の写真がコレ。


My Journal

おお、普通に撮れてるじゃん。ちょっと露出オーバーかな。と、思ったら。。。


My Journal

ケツ切れ&写り込み


My Journal

左スカ&写り込み


My Journal

右カツ&写り込み


なんだこれ。話にならんほど腕が鈍ってるじゃんか(笑)


やべえよ(-_-;)


と思って焦ってたら、徐々にカコの感じを取り戻したようで


My Journal My Journal

んで、ずーっと待ってたらEF65貨物が来ました。


My Journal


奥で1枚


My Journal

手前で1枚


結局、1時間待って来た国鉄型機関車の貨物はこれだけ。


ところで、武蔵野線205系の新幕についてなんですが、ズレてます。


My Journal

あと鉄道と関係ないのですが、入間基地を発着する航空機を駅から見ることができました。


My Journal My Journal


画面に写り込んでいる黒線は電線です。


あーそうそう、いらない子ニートEF210の貨物も来ました。


My Journal My Journal

どーでもいいっすね。


んで、東所沢へと移動。


My Journal

こんな感じで撮れます。


回送列車は…撮れないこともないけども微妙。


My Journal

メルヘンの回送。


My Journal

他にも205系を何枚も撮ったんだけど、どーでもいいから省略。


ここで撮れた貨物は1時間待ってこれだけ。


My Journal

うわーつまんねーの。ってことで、とりあえず西浦和へ移動。


その途中で新座操車場?を見たら、EF210がくっついたワムハチ貨物が。


『あ~3461レの牽引はEF210になっちまったのか orz』と思ってスルー。


後輩から「EF65がEF210牽引なんですから、


新鶴見でのEF66への釜替えは無くなりスルー運転になるでしょ」って言われてて俺も納得してたから


全力でスルーしたんだが、その後の情報でEF66-33への釜替えが判明orz


んで西浦和に行くと人がイパーイ。(いつものことだが。)


My Journal

こんな下らない貨物しか来なかった。


下らないって言ってもトップナンバーなんだけどね。


んで、西浦和で見たまま情報を見たら京葉線でEF65-1121の目撃が。


行くしかないってことで蘇我へ。


蘇我に直行すると、とりあえずEF65-1087が単機でいた。


その時、1121号機は千葉機関区に留置されていたらしい。


My Journal My Journal

この機関車、ドアの色変だよね?俺の目が変なのか?


んで、半チャンラーメン食ってホームに戻った時、小便をしたくなったので近くに止まっていた


209系の便所を使って、便所から出た次の瞬間。


『ガタッ』という揺れ。


列車が発車してしまいました(笑)


隣りの鎌取駅に飛ばされ、戻ってくると京葉線ホームに201系が到着。


My Journal

久しぶりに見たね。相変わらず良い味出してるよね。


んで、ここで後輩と合流。というか、そこで会って俺は201系に乗って帰ろうと思っていたのだが


彼が『EF65-1121の返し撮りますよね?』と言うので渋々ながら撮ることに。


とりあえず暇なので久留里線を見に行くことにして、内房線に乗車。


木更津駅に着くと、次の久留里線の列車は2時間後(笑)


とりあえず留置されている車両群を撮影。


My Journal
My Journal My Journal

しばらくすると車両が動きだしました。


まずキハ38の2連。


My Journal My Journal


この編成のうちの一両は、全検明けまもなくだったようで超綺麗でした。


こんなきれいな気動車、初めて見た。


んで、入れ換え後の様子を撮影。


My Journal

すると今度は隣のキハ38単行が動き出した。


キハ38が1両で走るとか気味悪いったらありゃしない。


とりあえず写真を見てほしい。


My Journal My Journal
My Journal My Journal
My Journal My Journal


そう。これが冒頭のベストショット~その1~。


いや、俺のカメラは動画が録れなくて本当に残念。Canonの7D欲しいわ。


最後に奥の方をもう一度撮影。


My Journal

そしてEF65-1121撮影のために蘇我に戻る。


まずEF65-1121が牽引するコンテナ登場。


この時に撮ったのが、冒頭のベストショット~その2~


My Journal My Journal

しばらくして、EF65-1121が登場。


My Journal My Journal
My Journal My Journal

おお!!これはかっこいい!!


編成組んでから撮影。


My Journal My Journal

いいな。この機関車。


気に入った。


そして千葉みなとへ移動。


My Journal My Journal

かっこいいいいーーー!!!!


んで、帰宅。


その途中、こんなものに遭遇。


My Journal

「!?」


201系orE233系が充当される成東・勝浦行の通称「なるかつ」が


成東・茂原行「なるモバ」に!!!!????


計画停電の 恩恵 影響らしい。


My Journal My Journal


今日の撮影は以上。


ところで、やっぱり利根川水系に問題アリってなった(笑)


マスゴミで色んな教授様が話す前に、事実をここに書いたぜ。(その記事はこちら )


やっぱマスゴミは俺以下だな(爆)


あ、そうそう。ペタ20件もありがとう。


今日の記事は時間かかったよ。制作時間1時間半だ。


ちゅーこって今日、勉強全くしてない。マジ無いわ(笑)

スポンサーサイト
  1. 2011/03/24(木) 23:49:22|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本当にどうしてこうなった。


My Journal

武蔵野線新秋津駅にいる。
無論、貨物を撮りに来たわけだが、震災のために本数は非常に少ない。
8時半過ぎに着いて、もう9時半なのにまだEF65-1095牽引のが1本しか来ていない。
ってわけで移動。

My Journal

新秋津から東所沢に来ました。
ここにも1時間滞在しましたがEF210牽引の貨物が1本来ただけ。。。
ちょっとまだ帰るわけにはいきませんね。
とりあえずまた移動します。

家を出たのは7時半だったような気がするんだが(笑)
なんでまだ電車に乗ってるのか自分でも分からん。
まぁ、16時に家を出て翌日18時に帰宅した『求名駅寝+α』よりはマシか。
というか、武蔵野線内での収穫がほぼゼロで
その後、EF65-1121貨物を始め、久留里線(ここ重要)の入れ換えなどの収穫があった。

かなりムダなことをしちまった。
今日は13時くらいに自宅を出発しても良かったハズだ。
本当に残念な結果になった。
とりあえず帰宅したら、飯食って風呂入って
それから今日の写真をうpしようと思う。

【その後書いた記事へ】
  1. 2011/03/24(木) 19:10:56|
  2. 日々の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気仙沼で被災した友人に会ってきました。


気仙沼で被災した友人に会ってきました。

彼は某高校野球部に所属しているのですが、その野球部の練習中に被災したそうです。
野球場が山の中にあるので、被害は地震だけで津波が来るところは見ていないんだそうですが
色々な話をしてくれました。
「天災は忘れた頃にやってくる」と言いますが、
自分がこの震災のことを忘れないよう、ここに書いておこうと思います。

まず地震が起きた時、最初体感できる小さな揺れがあり
「お?地震か?」と思った次の瞬間大きな揺れが来たそうです。
ホームベース裏の大きな金網が揺れ、自分がいたベンチの目の前で地割れが起きたんだとか。
とっさに地割れを避けようとしたものの動けず。

何もできない中、友人と笑うしかなかったと言っていました。
そして地震の後、球場を見回すと地面に起伏や地割れが起きていたんだそうで。
その地割れの写真を見せてくれました。

My Journal

その後、『地震の時は広い場所に』という考えで球場に2時間ほど待機。

待機後、学校のバスで自分の寮に。
寮に戻ると電気・ガス・水道は当然のように止まっていたものの、
鉄筋コンクリート製だったのが幸いしたのか、窓ガラスは1枚も割れておらず、
建物も多少ヒビが入ったくらいだったといいます。

その後が大変だったんだとか。
野球場と同様、寮も山の上にあるので山から市街地を見渡すと
町が燃えているテレビで何度も流れたあの光景が見えたといいます。
その日は食堂でみんな集まって雑魚寝状態で寝たそうです。

翌日、ボランティアの人(日本人では無かったらしい)が来て食事をふるまってくれたんだとか。
ただ、その食事はマズかったらしく「自分が持っていた缶詰の方がウマい」とのことでしたが・・・
彼が缶詰を持っていたのは災害対策ではなく、純粋においしい缶詰を日常的に自室に置いていたんだとか。

また、その日の朝には彼の友人が持っていたauの携帯が使えるようになり
家族に連絡を取ることが出来たんだとか。親に連絡したら『死んだと思った』と言われたそうです。
それから、再び気仙沼の市街地を見てみたら、瓦礫と化した町の中に船がぽつんと置かれているという
不思議な光景が広がっていたといいます。
もちろん、そんな状態では寮の外に出ることを学校が許してくれるわけは無く
親が迎えに来た大地震から4日後まで寮の中で過ごしたそうです。
食べ物に関しては、自分の缶詰とボランティアの人が作ってくれる
マズい食事を食べて何とかなったそうですが

3日目の晩に爆発音がして、窓の外を見たら近くの建物が炎上していたのには驚いたといいます。
山火事にならないかが心配だったと言っていました。結局、山火事にはならなかったそうですが。
そして大地震から4日後、親が迎えに来て無事帰宅できることになったのだそうですが
その時、よく利用する大船渡線の車両が脱線・横転しているのを見て驚いたといいます。

宮城からの帰り方は、一般道で山形を経由して新潟へ。
新潟から関越道で帰るというルートで帰ってきたそうです。

彼自身は特に怪我などしていませんでしたが、
彼のクラスメイト・先生など地元から通っている人は大被害を受けたそうです。
例えば、彼の担任の先生の家は炎上、あるクラスメイトの家は流され
亡くなった方も学年で数人いるとのことでした。

しかも、彼が寮を出た地震から4日後の時点でも
全員の安否が分かっていなかったそうです。

学校の再開予定は未定と言っていました。
  1. 2011/03/22(火) 20:32:07|
  2. 日々の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
Read me

プロフィール

ニワカ先輩

Author:ニワカ先輩
わたしのブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

リンク

My Journal

Elegy Syndrome

鉄道コム



美少女ゲーム批評空間

カテゴリ

日々の記録 (244)
旅行記 (79)
鉄道 (320)
実物車両以外の鉄道ネタ (15)
鉄道以外の写真 (22)
PCネタ (8)
未分類 (2)

月別アーカイブ

BLOG RANKING

ブログ村

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR