FC2ブログ

My Journal

山陰線&韓国の旅1日目その1(城崎温泉)

■新宿
|  小田急線急行(小田原行) 82.5km
|  22:39-00:20[101分]
■小田原

7月31日22時39分発の小田急線急行小田原行きでスタート。元々の予定では東京駅からムーンライトながらで行く(東京~小田原間は普通乗車券で1490円)予定だったのだが、金券屋で18きっぷ買った時となりにあった小田急株主優待券545円を見て予定変更。
IMG_5939.jpg


■小田原
|  ムーンライトながら(大垣行) 326.1km
|  00:31-05:50[319分]
◇大垣 [3分待ち]
|  東海道本線(東海)(米原行) 35.9km
|  05:53-06:27[34分]
◇米原 [2分待ち]
|  琵琶湖線新快速(米原経由姫路行) 67.7km
|  06:29-07:30[61分]
■京都

小田原でムーンライトながらに乗り換え、大垣・米原で乗り換える王道ルートで京都へ。ちなみにこのまま姫路まで行って山陽線を乗り継いで行くと当日中に九州上陸できる(現在は山陽線が不通のため不可)。ムーンライトながらの車内はたまたま乗った車両がそうだっただけかもしれないが、以前乗ったときよりも中学生~高校生くらいが多い気がした。反対の上りムーンライトは途中で事故があって2時間超の遅れで東京に着いたらしい。一応そういう可能性も考えて、寄り道する予定を潰せば基本的に旅行を続行できるような計画にはしてある。
DSC_0441.jpg
麺・串 門左衛門 モーニングうどんセット380円


京都に着いて駅から出て京都っぽい朝飯が食べられる店を探したんだけどなかなか見つからなくて、結局駅に戻ってきて構内でうどん食べた。いま調べたらイノダコーヒ八条口支店とかあったっぽい。でも、乗換時間35分しか無いことを考えると駅のうどん屋で正解か。

■京都 [35分待ち]
|  嵯峨野線快速(福知山行) 88.5km
|  08:05-10:09[124分]
◇福知山 [2分待ち]
|  山陰本線(城崎温泉行) 69.5km
|  10:11-11:33[82分]
■城崎温泉

京都から今回の旅のメインである山陰線に乗る。
DSC_0443.jpg
嵯峨野線・山陰本線 快速 福知山行 221系(京都駅にて)
後付けされた転落防止幌がちょっとダサい


朝に1本、夕方に2本しかない貴重な快速・福知山行き。京都~園部は嵯峨野線とも呼ばれ4本/時の頻度で運行されてるのだが、園部~福知山は一気に本数が減り1本/時くらいになる。こういう本数が少なくなるところは乗換えで時間を取られることが多いので、乗換なしに一気に行ける直通列車は助かる。仮にこの快速・福知山行きに乗らないで5分後の普通・園部行きに乗ると、園部で52分待ちになり福知山の到着が1時間遅くなる。その後の接続も悪く、結局京都を5分遅れて出発するだけなのに城崎温泉の到着が1時間40分遅くなることになる。
DSC_0446.jpg
山陰本線 城崎温泉行 2両編成の223系5500番台(福知山駅にて)


京都~園部は8両、園部で後ろ4両切り離して園部~福知山は4両、福知山からの列車は2両と徐々に減っていく。途中の和田山駅で播但線の前面が特徴的なキハ41を見たりなんかして最初の立寄地である城崎温泉に到着。

とりあえず志賀直哉の「城の崎にて」で舞台になってる旅館の三木屋見に行く。向かう途中に飲泉所があった。こういう路上に飲泉所が設置されてるってのは珍しいと思う。飲んでみたけどクセがなくまろやかなお湯って感じだった。体に効くっぽいしいくらでも飲めそうだったけど腹壊すといけないのでちょっとだけ飲んできた。
IMG_5941(レタッチ)
飲泉所

IMG_5942(レタッチ)
三木屋


城崎温泉は城崎温泉駅から温泉寺に至るまでの1キロ位の道にお店や旅館そして「外湯」と呼ばれる7つの公衆浴場が立ち並ぶ温泉街。とりあえず端の温泉寺まで歩いてみて、そこから戻りつつ外湯を見て回った。
名称未設定 1 のコピー
7ヶ所の外湯。それぞれ個性がある建物になっている。
下中央:駅前にある下駄置くところ(?)各旅館の下駄が置かれてる
下右:怪しい雰囲気の城崎温泉ロープウェイの建物


駅前の「さとの湯」に入ろうと思って駅まで戻ってきたら13時から営業でやってなかった。駅から2番目に近いところにある地蔵湯へ。外湯は7つあるが、源泉を水道のようにして各外湯に流すシステムになっているので、どこに入っても効能は変わらない。入っていて不思議だったのは湯船に入らずシャワーだけ浴びて出てく人の多さ。旅館を利用すると無料で外湯に入れるらしいのでそれなのか、地元の人が日常的に利用しているのか・・・どういうことなんだろう。

夜行列車の疲れを癒やしつつゆっくり入ってたら涼んでる時間がなくて、夏に温泉入ってすぐ外歩くのはちょっとした地獄だった。駅に戻り再び山陰線に乗車する。

【1日目その2へ続く】
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2018/08/18(土) 15:18:08|
  2. 旅行記
  3. | コメント:0
Read me

プロフィール

ニワカ先輩

Author:ニワカ先輩
普段はTwitterにいます

最新記事

最新コメント

リンク

My Journal

Elegy Syndrome

鉄道コム



美少女ゲーム批評空間

カテゴリ

日々の記録 (243)
旅行記 (102)
鉄道 (320)
実物車両以外の鉄道ネタ (15)
鉄道以外の写真 (22)
PCネタ (8)
未分類 (2)

月別アーカイブ

BLOG RANKING

ブログ村

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR