My Journal

おもに旅行記書いてます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鉄道研究部卒業旅行その4


【その3から続く】

バスで寸又峡温泉に移動。
今回の宿は寸又峡温泉。
例によって写真を撮影していないので(笑)こちらのページを参考に。

楽天トラベル 寸又峡温泉 翠紅苑

「え、楽天トラベルって、そういうとこの写真って盛ってるんじゃないの?」って思われるかもしれないけど
一通り見て見たけど何も盛ってないから大丈夫。これくらいの写真、撮れるようになりたいよな。
料理が違うのは定番っしょ。これは一番いいプランのやつじゃない?
っていっても、想像してたのの数倍良い宿だったけど(笑)
最初にも言ったけど、今回利用した東海ツアーズのツアー、コスパが半端ねえ。

まず、食事から。宿に着いたのが19時ちょい前だったから、すぐに夕食だったんだけど
メインは「ヤマメの塩焼き」と「イノシシ鍋」
イワナかもしれない。イワナだったらごめんなさい!!(どっちも高級魚だけど、イワナの方が珍しい)
イワナとヤマメの違いが分からない・・・
全然ちげえから!まず種類からちげえから!ってのも分かってんだけど、見分けられない。
仕方ないよな。都会生まれ都会育ちだから
ヤマメは「ヤマメですか(笑)
イワナは「イワナ=ミナラッテ=ミケロ!
ってのしか、知らない。いや、それすらいま知った。修造www

っと、ネタが危険な方向にそれたので本題に戻ろう。(旅行記記事ではキモオタな内容は自主規制)
「イノシシ鍋」ってツアーガイドの「オプション」の項にあったから食えねえと思ってたんだけど
普通に出てきてワロタwww
初めてイノシシ食べたけど、豚肉より少し硬いくらいの食感で、特有の味を持ってる。
味がついてるあたり、豚肉と違って俺は好きだけどな。
人によっては(まあ、うちの親なんだけど)臭みが嫌だって言うから調べてみた。

イノシシ肉は臭いというイメージが強く、味噌などを入れて濃い味付けで臭みを消す料理法が多いと思いますが、
臭みがあるのは捕獲したイノシシの処理に大きく関係しており、処理の上手なイノシシには臭みは全くありません
(引用元:イノシシ肉を売るお店「タケダ猪精肉店」の店員さんのブログ「いのしし屋さん」)

へー、そーなのかー
親が食べたのは10年以上前っぽいから、そういう理由か。

料理の話はこれくらいにして、温泉のこと。
温泉は一言で言うと「ヌルヌルヌルヌル」
入浴して5分もしないうちに肌がヌルヌルしてくる。
原因は言わずもがな、アルカリ性の泉質だから。pHは9.0とのこと。
pH9.0くらいだと強アルカリ泉の種別には入らない。
・・・って、あれで強アルカリじゃないって、強アルカリ泉ってどんななんだ。気になる。
白馬に日本一pHの高い強アルカリ泉があるらしい。
白馬?ムーンライト信州の終点じゃないか。今度夏休みにでもゴニョゴニョ

部屋は布団を並べて4枚置ける広さの和室に加えて、サンルームみたいな・・・あれは何て言うんだ?
ぐぐったら同じ疑問を持ってる人がいた(笑)
Yahoo!知恵袋「旅館の「サンルーム」のような空間の名称」
広縁(ひろえん)って言うんだね。
で、その広縁で俺と某氏は徹夜で「スーファミ5」をやったわけだがwww
ちげえ!「パースタ5」だわwww
うちで「スーパーファミスタ5」のこと「スーファミ5」って呼んでたんだよ(笑)
これ、俺が生まれた翌年に出たゲームなんだけど、幼稚園の頃にめっちゃ極めた記憶がある。
スーファミ5以外にも初代マリカとかスト2とか。まあ、それはまた別の記事に。
結局、あの鬼畜操作に慣れることが出来ず、毎試合コールド負けして9回まで1度もいけなかった(笑)
徹夜といったけども、自分は1時間くらい寝た。(にもかかわらず日中何度か意識飛んでたけど・・・)
某氏は完全徹夜でしっかり意識保ってたから凄いと思うよ。
俺もかつてはそれくらい余裕だったんだけどなぁ(中3~高1にかけて徹夜して「あさぼの」してた頃)

ってここまで、写真1枚もなしで1500字くらい書いてるし!長々さーせんwww

ってわけで、1日目の話はこれくらいにして。2日目の話。

1日目の早朝5時に寝た俺は6時に起床。
その後、みんなで温泉入って朝食。朝食をちゃちゃっと済ませて8時15分のバスに乗車。
行きのバスと同じ経路なのだが、行きは辺りが真っ暗で何も見えなかった。
この時は途中でアプトいちしろ駅を眼下に見ることができた。

IMG_9614.jpg

運転手さんの説明で60m下って言ってたかな?
千頭駅行きバスだが、途中の奥泉駅で降りて井川方面の列車に乗車。
アプトいちしろ駅に到着。今度は逆に先ほどの道路を下から見上げる。

IMG_9624.jpg

運が良いことにちょうどバスが止まっていた。写真右上に注目。
そして3度目のアプト区間。1、2度目の記事の所であえて載せなかった写真を…って、あんま無かった。

IMG_9592(トリミング)

90‰の勾配標識。右下にラックレールが写ってる。
「アプトレール」ではなく「ラックレール」
ラック式鉄道(歯車で車両を支える方式)っていう種類の中にアプト式(ラックレールが3本)ってのがある。

IMG_9633.jpg

目で見て分かる90‰の勾配。窓から見えるコンクリの塊は長島ダム。

そして・・・

IMG_9637(トリミング)

まさかのアプトの車窓からニホンカモシカ!!
車掌のアナウンスが途切れて、おっさんの声で(たぶん一番後ろの車両に乗ってた保線員の方)
「いまニホンカモシカが見えますよ。右の切り株の辺り。見てみてください。」と流れたので見て見たら。

んで、昨日の目的地であった尾盛駅を越えると、日本一高い橋梁「関の沢橋梁」

IMG_9657・IMG_9658(パノラマ)

無理矢理パノラマ合成してみたけど、無理なものは無理だったのでこれは実際に行ってもらうしか。

関の沢橋梁を越えて閑蔵駅、その次が井川駅。
井川駅直前、井川ダムが一望できる。

IMG_9659.jpg

前述したとおり、このダムは中空の珍しい構造をしている。

【その5へ続く】
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/31(日) 23:06:20|
  2. 旅行記
  3. | コメント:2
<<鉄道研究部卒業旅行その5 | ホーム | 鉄道研究部卒業旅行その3>>

コメント

DASI NO ARU NINGEN NI NAREYO LOOOOOL








  1. 2013/03/31(日) 23:42:47 |
  2. URL |
  3. POPO・TA・N #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

は~いkp
  1. 2013/04/06(土) 22:32:14 |
  2. URL |
  3. きまろき #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Read me

プロフィール

ニワカ先輩

Author:ニワカ先輩
わたしのブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

リンク

My Journal

Elegy Syndrome

鉄道コム



美少女ゲーム批評空間

カテゴリ

日々の記録 (245)
旅行記 (86)
鉄道 (320)
実物車両以外の鉄道ネタ (15)
鉄道以外の写真 (22)
PCネタ (8)
未分類 (2)

月別アーカイブ

BLOG RANKING

ブログ村

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。