My Journal

おもに旅行記書いてます

鉄道研究部卒業旅行その6


【その5から続く】

展望台を見学し、レインボーブリッジを接阻峡温泉方面に渡ると、山道があるのだが
山道を通らなくてはならないのは、ほんの50m程度
そこから接阻峡温泉駅まではコンクリートの舗装された普通の道である。

ある程度歩くと、急に開けたところに出る。
いや、なんでこんな整備したのってくらいしっかりした河川敷が広がっている。
・・・写真を探してたんだけど無い。
ってわけで、以下参考。
「大井川鉄道 8 接阻峡温泉と静岡 完結!」:メーター☆ライダー

なぜか、この必要以上に広い&良く整備されている河川敷に触れている記事や写真が
ネット上どこにも無かった。
俺はその昼下がりの広くて綺麗な河川敷に誰もいない光景に、何かものすごい違和感を感じたけどな。
あ、一部しか写ってないけど、一応写真あった。

IMG_9722.jpg

で、それは置いといて。
そこには「南アルプス接阻大吊橋」がある。この辺はとにかく吊り橋が多い。
IMG_9730.jpg

この吊橋を渡ってくと、さらに小さな吊り橋がいくつもある道に続いている。
ただ、さっきリンク張ったブログの方と同様、駅にいけなかったらマズいので行かず。
吊橋からこれといった寄り道はせずに駅へ。

IMG_9734.jpg

接阻峡温泉駅は家みたいな駅舎。
その外見にも関わらず、駅ノートが大変なことになってた。

IMG_9735.jpg

温泉厨の俺は、接阻峡温泉に入ってきたかったんだけど
一人旅じゃないし時間無いしってことでスルー。
しばらく列車待ちをしてると、井川線に最初に乗ったときにいた団体客と再び一緒になる。
どうしてこんなにも運が悪いのか・・・

IMG_9737(トリミング)

なぜか列車は連結時に使う連結作業灯を点灯しながら入線。
これに乗って千頭駅へ。

千頭駅では既にSL列車がホームに止まっていた。
駅の売店で「大井川ふるさと弁当」を購入して列車の中で食べる。
やまめの甘露煮が入っていたのには驚いた。「甘露煮か…え?デカッ!」っていう。
深川めしを何度か食べたことがあるので、駅弁に入ってる甘露煮→深川めしのハゼの甘露煮ってのが
頭の中にあって、この大きな甘露煮が弁当箱の中に入ってるのには驚いた。

機関車は行きと同じC56-44なので写真は省略。
ってか、千頭駅ではホームから機関車が飛び出してて撮影できなかった。
客車は青色をした客車スハフ42-184
IMG_9749.jpg
なんでこんな写真しかないんだwww(写真の白い窓はトイレ)
高崎の旧型客車は茶色しかいないので、青色の旧型客車は珍しく見えた。

車内で某氏が「大井川の旧客のトイレは垂れ流しなんだぜw」って言うので
トイレに行って窓を開けて、水を流すペダルを踏んでみると
外からジョロジョロジョローという音が。本当に垂れ流しなのか・・・
ちなみに、この窓、下から1段式で全開まで空けられるのだが
高さ的に、ちょっとでも開けるとモロ見えすると思う・・・

っで、新金谷駅に到着。
ホームには21001系使用の臨時列車の金谷行きがいた。
大井川鐵道で最初に乗った列車で記事にも写真を載せたりしてるので省略。
新金谷駅前には大きめの売店があり、大井川鐵道の古い車両の展示やおみやげの販売がされている。

IMG_9756.jpg

後から写真を見て気づいたんだが(その場で気にならないあたり相当疲れてたwww)
写真右側の「うなぎアイス」が気になる。

で、駅前の売店を出て、金谷行きの列車に乗車。

IMG_9763.jpg

金谷駅で東海道線に乗り換え。この辺で俺は完全に力尽きて立ち寝してたwww
Japanese guy falls asleep standing up (Youtube)

金谷から静岡、静岡からこだま668号で東京へ。
力尽きてたから、その時は特に思わなかったけど
静岡駅であの短時間で駅そば食った某氏は凄いwww

東京駅で「どうする?飯食う?」みたいな感じでグダッて、結局何も食わずに解散。
最後の方は本当にグダッてた。

今回の旅はなぜか反省点が多い。(いつもはほとんど無い。あっても細かい行程の所とか。)
・撮るべきところをしっかり撮る
・カメラの自動設定(Tv・Avモード)に頼らない
・夜はせめて3時間くらい寝る
パッと出てくるのでこんな感じ?

果たして、これらの反省は次の旅に生かされたのでしょうか。
引き続き、この鉄研卒業旅行の約1週間後に行われた、放浪の旅の旅行記書いてきます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/04/06(土) 22:30:11|
  2. 旅行記
  3. | コメント:0
<<すごろく放浪旅ルール | ホーム | 鉄道研究部卒業旅行その5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Read me

プロフィール

ニワカ先輩

Author:ニワカ先輩
わたしのブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

リンク

My Journal

Elegy Syndrome

鉄道コム



美少女ゲーム批評空間

カテゴリ

日々の記録 (245)
旅行記 (86)
鉄道 (320)
実物車両以外の鉄道ネタ (15)
鉄道以外の写真 (22)
PCネタ (8)
未分類 (2)

月別アーカイブ

BLOG RANKING

ブログ村

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR