My Journal

おもに旅行記書いてます

すごろく放浪旅ルール


そもそもこの企画を思いついたのは「どっか行きたいんだけど、どこ行こうか・・・」って思ってるときに
久しぶりに桃鉄DXやってたら「これリアルでやればいいんじゃね?」って思いついた。
ただ、桃鉄だと行き先決めて進路取りは自由だからいつもの旅とそこまで変わらないし
似たような「サイコロの旅」ってあるけど、あれは行き先決める時に甘えが出ちゃいそうだし
テレ東の企画で「すごろくの旅」ってのもあって、これは桃鉄と似てるんだけど
ルートが決まってて、そこをすごろくで移動するって仕組み。
だから、ルートが決まっていない今回は不可。
ってわけで、オリジナルルール採用!
最初に行き先が決まってないあたりから名前を「すごろく放浪旅」に決定。

ルールは簡単。
事前に決めておいた出発駅からスタート。
サイコロを振る(1回目)
出た目のホームから乗車(4が出たら4番線、6,3と出たら9番線)

但し、こりゃ無いだろって場合は振りなおし。例えば、
・そもそもホームが存在しない場合(4番線までしかないのに6が出たとか)
・臨時専用ホーム、特急専用ホームなど、すぐに乗るのが困難な場合
・他のホームには列車があるけど、そのホームは終電が終わっている場合
・他のホームには始発が来てるのにそのホームだけ始発が来てない場合(早朝の新宿駅1~4番線とか)
・同じ方向に戻る場合
下の2つはエクストリームルールだったら振りなおし不可ですが(笑)
イージールールとしてテレ東の「すごろくの旅」みたいに先にルート決めといて
何駅乗るかだけサイコロまかせにするなんてのも良いかもしれない。

そんな感じで、ホームが決まったら乗車するわけだけど
この時に乗る列車は「サイコロ振った時点で、次に来る列車」に限定。
これに乗ると青梅線直通だけど、こっちだと中央東線に抜けちゃうとかあるっしょ?
ただし、青春18きっぷ使ってて次の列車が特急とかいう時は、見逃しても良し。
『サイコロ振った時点で』って条件を利用して、駅に長時間滞在するのも可。

列車に乗車したら(時間があるなら乗車前でも良いけど)
サイコロを振る(2回目)
今度は、何駅乗るかを決める。

これが、旅の難易度を大きく左右するところなんだけど3パターンくらい設定。
・ノーマルルール→自由に何回振っても良い(ただし振ったものは変えられない)
・ハードルール→最初に何回振るか決めておく
・エクストリームルール→6面サイコロ1回
只見線とかでエクストリームルール採用したらって考えると・・・
そして、何駅乗るか決まったら、その駅数だけ乗る(路線の駅数じゃなく、列車の停車駅数で数える)

それの繰り返し。

とっても簡単なルールだと思う。それだけにバグが出てくる可能性があるが。

で、実際にノーマルルールでやってみたので、以下その旅行記を書いてきます。
まあ、2日目はなんとかして帰らなきゃダメだったから続行不可能だったんだけどね。
この企画は、青春18きっぷ5日分を1人で使う勢いでやらなきゃダメだって分かった。

【第1回すごろく放浪旅その1に続く】
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/04/07(日) 15:10:58|
  2. 旅行記
  3. | コメント:0
<<第1回すごろく放浪旅その1 | ホーム | 鉄道研究部卒業旅行その6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Read me

プロフィール

ニワカ先輩

Author:ニワカ先輩
わたしのブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

リンク

My Journal

Elegy Syndrome

鉄道コム



美少女ゲーム批評空間

カテゴリ

日々の記録 (245)
旅行記 (86)
鉄道 (320)
実物車両以外の鉄道ネタ (15)
鉄道以外の写真 (22)
PCネタ (8)
未分類 (2)

月別アーカイブ

BLOG RANKING

ブログ村

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR