My Journal

おもに旅行記書いてます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドバイ旅行記その2


【その1から続く】

ドバイを航空写真で見たとき、真っ先に目に入ってくるヤシの木の形をした謎の島。あの島はPalm Islandという人工島。ちなみに2016年現在、他に同じ形をしたより大きな人工島が2つ建設中。そのてっぺんにあるのがAtlantis Hotelである。Dubai Internet City駅の駅前でタクシーに乗ってそのAtlantis Hotelへ。タクシーの車内、やはり聞かれるのが"Chinese?"という質問。この旅の間、何回聞かれたことか・・・たぶん外人からしてみればアジア人=Chineseなんだろう。Atlantisへは駅から10分程度だった。つまりあの人工島の根元からてっぺんまでタクシーで10分くらい。そんなに大きくない。料金はドバイのタクシーは初乗りが3AED(約100円)ととても安く、駅からAtlantisまでGoogleマップで11km程度あるが15AED程度(約450円)であった。タクシーがホテルの正面に行こうとした時、係員のような人に止められる。何かと思ったら「何の目的で来た?」と聞かれ、正直に「見に来ただけ」とは言えず「Shopping」とドヤ顔で答えるという。もちろん、ここにあるお店はブランド品を扱うお店ばかりでとてもじゃないが、自分が買うようなものではないのだが。中に入ってみると、予想通りブランド品を扱うお店が何件か。全てを見ていないからかもしれないが、ショップ数が10件程度しか無くこういうホテルにしては少ないように思った。しかなかった。ショップの他にはプール・水族館・プライベートビーチへの入り口があった。当然、それぞれへのチケットを持っていなくてはそれらには入れない。

IMG_0530.jpg

外に出て、ヤシの木の形をした島のてっぺんから根元まで走っているモノレールに乗る。

IMG_0533.jpg

IMG_0541.jpg

途中駅はショッピングセンターのためのものなのだが、そのショッピングセンターは建設中。モノレールは無人運転で途中駅にも数秒停車する。途中駅(工事中)ではでっかい穴の上に停車。これはもうドバイ版ゆりかもめ市場前駅と言って良いと思う。途中駅だけでなく、終点のヤシの木の根元にあるGateway駅周辺にも特に何も無い。そのため実用性はほぼ無く、アトラクションのような扱いで運転されている。この駅から乗車する乗客が10人くらいいた。

IMG_0538.jpg

終点まで乗って、そのまま折り返しに乗車する。折り返しの列車では進行方向の真正面にAtlantisホテルを見ることができる。ど真ん中にアラビア風の穴が空いていて圧巻である。

IMG_0551.jpg

事前に調べたとき、このモノレールに乗ってもあまりヤシの木を感じることはできないと書かれている記事が多かったが、自分はヤシの木の形をしているように思えた。

IMG_0545.jpg

IMG_0546.jpg

ところで、モノレールに乗ってみると明らかに見覚えのある内装なのである。それもそのはず、車両はHITACHI製でディズニーのモノレールとほぼ同じである。モノレールに往復乗車して、Atlantis駅前からタクシーに乗る。

次回はAtlantis駅からタクシーに乗ってIbn Battuta Mallへと向かいます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2013/10/11(金) 11:00:00|
  2. 旅行記
  3. | コメント:0
<< あけましておめでとうございます。 | ホーム | ドバイ旅行記その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Read me

プロフィール

ニワカ先輩

Author:ニワカ先輩
わたしのブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

リンク

My Journal

Elegy Syndrome

鉄道コム



美少女ゲーム批評空間

カテゴリ

日々の記録 (245)
旅行記 (86)
鉄道 (320)
実物車両以外の鉄道ネタ (15)
鉄道以外の写真 (22)
PCネタ (8)
未分類 (2)

月別アーカイブ

BLOG RANKING

ブログ村

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。