My Journal

おもに旅行記書いてます

国内・韓国周遊旅行3日目(釜山)


【2日目から続く】

ビール片手に野球見て寝落ちして起きたら8時だった。チェックアウトを済ませて牧志駅から那覇空港へ。

IMG_3577.jpg

那覇空港でF-15とか旅客機とか眺めて、搭乗前急に腹減ってきたから売店で生姜焼き弁当(500円)購入して食べる。国際線ターミナルの放送は韓国語と中国語ばっかり。韓国プサンへの飛行機はアシアナ航空OZ169便。搭乗するとガラガラで機体中央にチラホラいたが日本人ではなかった。搭乗してすぐに中国語の税関申告書を渡されたが交換してもらった。離陸後しばらくすると機内食が出てきてビックリ。朝出て昼前に着くので無いと思ってた。さっき食べたばかりだけど空の上での食事楽しんだ。コチュジャンソースがついているのが韓国行きの飛行機らしい。

IMG_2898.jpg IMG_2900.jpg

もちろん日本語ができる乗務員も乗ってはいたが全員韓国人っぽかった。操縦士は韓国人で放送も韓国語。副操縦士は英語圏の外国人っぽい雰囲気で放送は英語。

IMG_2904.jpg

上の写真は釜山到着前の景色だが独特の景色だった。建物の屋根の色が統一されていたり、団地みたいな同じ建物が並んでる所が多い。思っていたより高い建物が多かった。着陸後、軍用機が見えた。空港は日本と違ってエプロンが見えにくくなっていた。入国審査官は無言。指紋とって顔写真撮っただけで事務的に終了。

空港に着いた後はひたすらSIMカード探し。まず空港にあった通信会社は「Olleh kt」と「LG U+」の2社だったがktは携帯レンタルのみでLGは売り切れだった。結局、PLAY WIFIというSIMカードを買うことができたがポケットWi-Fiで動作しなかったのでダメ。空港のWi-Fiは接続先がかなりたくさんあって困ったけど無料でネット接続できるのがちゃんとあった。空港でSimカードを手に入れることはできなかったが、仕方ないので電車に乗る。ここだけメトロとは別料金らしい。チケットではなくコインが出てきた。乗車時にタッチして入場して、降車時に改札機に入れて出場する。韓国版Suicaがあると聞いていたので買いたかったんだけど買う場所分からず断念。

IMG_2907.jpg IMG_2908.jpg

IMG_2910.jpg

釜山金海軽電鉄という路線。終点の沙上駅で乗り換え。釜山駅行きの片道切符を券売機で購入。これは普通のチケットだった。

IMG_2913.jpgIMG_2914.jpg
↑切符

IMG_2917.jpg
↑改札

IMG_2915.jpg
↑ホーム

ここで大問題が発生する。釜山方面とは逆向きのホームに入ってしまった。日本と違って上りホーム・下りホームそれぞれに改札がある構造だった。仕方ないのでとりあえず終点まで乗車。終点で降りられるかビビったけど大丈夫だった。改札内に精算機が置かれていなかったのだが完全一律料金なのだろうか。改札を出るとそれなりに大きい街だったので、ここでもSimカードを探すけど見つからず。携帯ショップはたくさんあるんだけどプリペイドSimカードを扱ってなかった。

IMG_2916.jpg

バスターミナルがあったので行ってみたけど英語表記は無く全てハングルで書かれてて全く分からず。諦めて駅に戻ってきた。駅の売店でもSIMカード無いか聞いてみたら少しだけ日本語の話せる店員さんだった。適当に電車乗ってみるもんだなーと思った。Simカードは無かったが、韓国版Suicaを買うことが出来た。最初、キーホルダーを指差されて困惑したが、なんと後から調べたら韓国版Suicaにはカード型とキーホルダー型があるらしい。3000ウォンで買えた。これにはチャージ分は含まれていないので券売機で入金する。再び地下鉄に乗り釜山駅へ。1時間くらいかかった。

IMG_2919.jpg

地下鉄釜山駅とKORAIL釜山駅は直結しておらず一回地上に出なければならない構造。地下鉄釜山駅前がチャイナタウンになっている。SIMカードがありそうな雰囲気だったので3軒くらい覗いたけど使えるSIMカードは売ってなかった。Simカードを探すのは諦めてKORAIL釜山駅でスポットWi-Fi(1日3000ウォン)に登録して宿を探す。すぐ近くにあった25000ウォンの宿にした。とりあえず宿に荷物を置きに行く。宿に着くと受付に誰もおらず、電話番号やLINEの連絡先が書かれた紙が貼られていたので宿のWi-Fiを使ってLINEで連絡。すると軽い感じで返信が来て、すぐに黒人の受付の人が上から降りてきた。部屋は事前に調べて出てきた写真よりも遥かに良くて床暖房も効いていて良かった。

IMG_2921.jpg

荷物を置いて再び街に出る。KORAIL釜山駅のインフォメーションでSIMカードを売っているGS25というコンビニの場所を教えてもらいそこでSIMカードをようやく購入。この時点で21時くらいになっていた。まさか丸1日使ってSimカードを探すことになるとは思ってなかった。そのまま釜山の街をぶらりと歩きまわる。チャイナタウンの隣には市場のようなのがあった。21時過ぎだったのに営業してることに驚いた。ただ、せっかく夜遅くまでやってるのに客は少なかった。

IMG_2926.jpg

ロシア語が書かれた店が多いのも印象的だった。ロシア語もハングルも分からないので何の店か分からないが。

IMG_2943.jpg

夕飯を食べる店を探すが一人で入れそうな店がなかなか見つからない。駅前に一人客のいる飯屋を発見したのでそこにする。まず店に入って何も言われないので勝手にその辺の席に座る。席に着くと謎の注文用紙のようなものがあったがハングルのみで全く分からない。後から来た客がメニューをもらっていたので同じようにしてメニューをもらう。次に店員の呼び方が分からない。適当に手を上げて合図する。注文のビビンバとラーメンは日本語と同じで通じた。料理が来て箸とかスプーンとか無かったので困惑していたら韓国語で何か言われたんだけど全く分からず。呆れ顔で、机の下が引き出しになっていてスプーンや箸が入っているのを見せてくれた。料理はめっちゃ辛くてラーメンはインスタントっぽかったけどおいしかった。値段はとても安く、ビビンバが5000ウォンでラーメンは3000ウォンだった。

IMG_2933.jpg

IMG_2930.jpg

食べた後はセブンイレブンでKGBウォッカという怪しい酒を購入してホテルに戻る。

IMG_2947.jpg

ホテルでとりあえずシャワーを浴びたのだが、外国によくあるトイレとシャワーが同じところにあるやつ。これ本当にシャワー使って良いのかっていつも思う。シャワー浴びたあとしばらくトイレ入れなくなると思うんだけど。シャンプーやタオル類は完備。お湯の勢いはあまり良く無かった。無いよりはマシ程度。その後テレビ見たり旅行記書いたりしてたら1時半に。

【4日目に続く】
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/05/06(土) 18:52:20|
  2. 旅行記
  3. | コメント:0
<<国内・韓国周遊旅行4日目(ソウル) | ホーム | 国内・韓国周遊旅行2日目(那覇)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Read me

プロフィール

ニワカ先輩

Author:ニワカ先輩
わたしのブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

リンク

My Journal

Elegy Syndrome

鉄道コム



美少女ゲーム批評空間

カテゴリ

日々の記録 (244)
旅行記 (79)
鉄道 (320)
実物車両以外の鉄道ネタ (15)
鉄道以外の写真 (22)
PCネタ (8)
未分類 (2)

月別アーカイブ

BLOG RANKING

ブログ村

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR