My Journal

おもに旅行記書いてます

国内・韓国周遊旅行5日目その2(鉄道博物館)


【5日目その1から続く】

鉄道博物館に行くために永登浦駅から水原駅までの切符を買う必要があったのだが、永登浦駅には旅行センターは無かったので普通の窓口で買うしかなかった。窓口でKorailパスを出しながら「スウォン(水原)カジ(まで)」と言ってみたら買えた。というわけで、ムグンファ号で水原駅へ。

IMG_3030.jpg
↑ムグンファ号の車内

水原駅で首都圏電鉄1号線に乗り換えをして3駅隣の義王駅へ。この駅には韓国交通大学校という副駅名もある。グーグル先生曰く鉄道博物館の営業時間は17時までとのことだったので駅から急いで向かったが、窓口の張り紙に営業18時までと書いてあった。

IMG_3686.jpg

鉄道博物館は屋外展示と屋内展示に分かれており、まずは屋外展示からまわった。展示されているのは主に無煙化後の車両で首都圏電鉄の旧型車両(といっても最近まで走ってたらしいが)や、かつての機関車や客車、試作車など。

IMG_3697.jpg
↑日本っぽい車両。それもそのはず日本製の車両である。

日本でよくメインとして展示されている蒸気機関車は1台だけの展示で奥の方に置かれていた。

IMG_3708.jpg

屋内展示1階は韓国の鉄道の歴史。韓国の主要鉄道路線は日本の占領下で作られたもので資料の多くは漢字が使われていたので資料のなんとなくの意味が理解できて面白かった。

IMG_3754.jpg
↑展示資料はこんな感じ。左下、ハングルは分からないけど漢字で「植民地」「輸送手段」「収奪物資」「日帝」「大陸侵略」「加速化」とか書いてあって何が言いたいのかだいたい分かる。

IMG_3712.jpg
↑水色操車場配線図。これは完全に日本語。

IMG_3767.jpg
↑「朝鮮総督府鉄道局 平壌工場 昭和十六年」の銘板

2階は韓国の鉄道設備に関する展示でスイッチで作動させることのできる信号機や踏切、これは非稼動だがタブレット閉塞器なんかも展示されており最高だった。

IMG_3776.jpg
↑タブレット閉塞器。日本のものをそのまま使ってたっぽい。

1時間ちょっと見学した後、再び首都圏電鉄に乗り、水原駅へ。水原駅で帰りのソウルまでの切符を買おうとしたところ「次の列車は満席だから立ち席になる。KORAILパスあれば立席券無くて大丈夫だから。」と言われる。それを信じてホームへ。9分遅れで列車が到着。遅れていたこともあり非常に混雑していたので、定時なら2分後に到着する次列車に乗ることにした。次列車は遅延なしとの表示だったのだが、実際は遅延しており10分くらい待たされた。ようやく到着した列車はさきほどの列車よりも空いていたのでラッキーだと思いながら後ろから2両目の車両に乗車。最後尾から景色を眺めたいと思ったのだが、最後尾の車両は乗客の乗れない電源車だった。車内はすいているとはいえ空席は無く、通路に立つ。するとその時、突然プスンという音と共に列車の室内灯が全て消え、最後尾に連結された電源車から聞こえていたエンジン音も聞こえなくなった。

IMG_3035.jpg

まわりの韓国人たちはそれほど動揺していなかったのですぐに再開するのだろうと思い待っていたところ、10分ほどしてエンジンがかかる音が聞こえ続けて室内灯も点灯した。そこで運転再開となるのかと思いきや出発する気配が無い。室内灯が点灯してから20分くらいして放送がかかり全ての乗客が一斉に下車した。打ち切りになるとかいう放送なのだと思う。半分くらいの乗客は並行して走る首都圏電鉄のホームへ行ったが残りの半分くらいの乗客はホームに残っていた。緩行線のホームが非常に混雑しているのが見えたのでホームで次の列車が到着するのを待つことにする。
運転見合わせから40分くらい経った頃、隣のホームに観光列車が到着。どうやらそちらが先に出発するらしい。KORAILパスで乗れると思い、そちらの観光列車に乗り換えて水原駅を後にした。観光列車にもカフェカーが連結されていたのでそこに乗車する。あとから調べたら観光列車は全車特室車だったらしい。一般車と特室車とでは運賃が異なるので思いっきりキセルである。Korailごめんね。これまで乗った列車ではカフェカーは連結されていても営業していなかったので、営業しているカフェカーを見たのはこれが初めてだった。キセルしてるとは気付かず、堂々と缶コーヒーを購入してくつろいでた。

IMG_3041.jpg
↑終点到着前のカフェカー。自分以外乗客がいないので乗務員さんがくつろいでる。奥に見えるカウンターで軽食を販売。

IMG_3038.jpg
↑カウンターの逆側には足湯らしき設備も!ハングルが読めないので詳細は不明。

列車はソウル駅に到着。到着前にカフェカーの乗務員さんが何か放送をしてくれたが何を言っているのかさっぱり分からず。ソウル駅到着後、下車して外から列車を眺めていたらなぜかお客さんが残っていたが彼らは一体どこに行くのだろう・・・

IMG_3836.jpg
↑観光列車「WEST GOLDTRAIN」専用機関車。客車も専用のものが使われる。

IMG_3829.jpg
↑観光列車「WEST GOLDTRAIN」サボ

【6日目に続く】
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/05/08(月) 22:16:17|
  2. 旅行記
  3. | コメント:0
<<国内・韓国周遊旅行6日目 | ホーム | 国内・韓国周遊旅行5日目その1(温陽温泉)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Read me

プロフィール

ニワカ先輩

Author:ニワカ先輩
わたしのブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

リンク

My Journal

Elegy Syndrome

鉄道コム



美少女ゲーム批評空間

カテゴリ

日々の記録 (244)
旅行記 (79)
鉄道 (320)
実物車両以外の鉄道ネタ (15)
鉄道以外の写真 (22)
PCネタ (8)
未分類 (2)

月別アーカイブ

BLOG RANKING

ブログ村

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR