My Journal

おもに旅行記書いてます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一昨日の撮影~ひたちなか海浜鉄道・ED75@水戸・EF65@新小岩~


上野から常磐線水戸行に乗って一気に水戸へ。

水戸から勝田へ移動。

んで、ひたちなか海浜鉄道のホームに着くと…

My JournalMy Journal

OTZ........

しかしながら、まだ希望はある。

この路線は1日に基本的に2本の汽車で運行されている。

まだもう一つが国鉄車かも知れない。那珂湊ですれ違うので、その時、結果が分かる。

ってんわけで、とりあえず乗車。

那珂湊ですれ違ったのは、、、ミキ300・・・

落ち込みつつ、いちおう終点まで行くことに。

My Journal

味のある良い駅だ。

My Journal

パンフレットを置いてあるところのおもりが犬釘だった。

阿字ヶ浦から乗ってきた電車に乗って戻る。

車窓はこんな感じ。

My Journal

那珂湊で下車。乗ってきた列車と交換をするミキ300を撮影。

My Journal

ミキ300発車後、全景を撮影。

My Journal

国鉄車は並んで留置されてました。

My Journal

駅から出て撮影。

My JournalMy Journal
My JournalMy Journal

色んな車両が見れました。

そしてこの不思議な車両に遭遇。

My Journal

なにかが積み上げられているw

My JournalMy Journal
My JournalMy Journal

なんとも、東京で活動しているアーティストの作品だそうで。

なんというか、Nゲージの車両の上に部品を落としたみたいだよねw

右下の写真なんか車両が見えてないし。

つか、よく作ったなぁ。。。

ってなわけで、水戸に戻ってナナゴたん観賞、いや鑑賞だな。

ホームから見るとこんな↓感じ。懐かしい光景だねw

My Journal

今回は近くに行って見てみた。こんなに近くで見たのは初めて。

パン上げして無いのが残念だけど、感動した。

やっぱ、ちっぱい、じゃなかった、失礼失礼わざとじゃないんだよ、やっぱ、ちっさいね。

My Journal

んで、水戸のこうもんのおじいちゃんに挨拶して

My Journal

ココ一でカレー食って、新小岩へ。

鹿島貨物を撮影。機関車は残念だった。ま、ロクゴだからいいけどさ。

My Journal
My Journal

機関車前面のドアが開いてた。

My JournalMy Journal

一昨日の撮影は以上。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/08/31(水) 20:39:20|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<9月2日になったから | ホーム | 甲信越周遊記~番外編~>>

コメント

1 ■残念でした

秋になると冷房も不要になり、非冷房の旧型車両の運用も増えます。
その時にはご再訪を。
休日の運用はWEBでご確認ください。
(吉田)
  1. 2011/09/01(木) 10:55:29 |
  2. URL |
  3. ひたちなか海浜鉄道 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■無題

>ひたちなか海浜鉄道さん
コメントありがとうございます。
帰宅して調べてから知りました……
また、別の時期に行こうと思います。
  1. 2011/09/01(木) 11:58:07 |
  2. URL |
  3. P.310 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://royaltrain.blog.fc2.com/tb.php/679-86208226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Read me

プロフィール

ニワカ先輩

Author:ニワカ先輩
わたしのブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

リンク

My Journal

Elegy Syndrome

鉄道コム



美少女ゲーム批評空間

カテゴリ

日々の記録 (244)
旅行記 (79)
鉄道 (320)
実物車両以外の鉄道ネタ (15)
鉄道以外の写真 (22)
PCネタ (8)
未分類 (2)

月別アーカイブ

BLOG RANKING

ブログ村

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。