My Journal

おもに旅行記書いてます

国内・韓国周遊旅行10日目


【9日目から続く】

とりあえず世界遺産でも見に行くかーってことで、まずは一番近くにあった宗廟(そうびょう)へ。宗廟は自由に見学することはできず、決まった時間に案内を聞きながらぞろぞろと見学するスタイル。案内はハングルの他、英語、日本語、中国語による案内があったので日本語の案内ツアーに参加。

IMG_4093(レタッチ)
宗廟正殿

宗廟は李氏朝鮮時代の歴代の王族の墓で、正殿には功徳のある王とその王妃、永寧殿という別廟にはそれ以外の王族が祀られている。身分を重んじる儒教に基づいて作られているため、建物や通路が身分別に分かれているのが特徴。屋根の色が変わっているのは墓の数を増やすために増築した痕跡だとか。ここに祀られている第4代国王の世宗(セジョン)は朝鮮独自の文化の発展に寄与して、ハングル作ったことで有名。10000ウォン紙幣に描かれているのがその世宗大王。

宗廟見学した後は徒歩で昌徳宮へ。

IMG_4107(レタッチ・トリミング)
昌徳宮・仁政殿(儀式とかに使うメインホール的な場所)

昌徳宮は李氏朝鮮時代の離宮。1989年まで李方子という日本人が住んでいたと宗廟のツアーガイドが言っていたので調べてみたらWikipediaに詳しく書かれてた。

また移動して今度は景福宮へ。昌徳宮は離宮で景福宮が王宮なんだけど、離宮が世界遺産でこっちの王宮の方は世界遺産じゃないっていう。

IMG_4135(レタッチ・トリミング)

離宮より王宮の方が賑やかで、チマチョゴリ着た観光客なんかもたくさんいた。

IMG_4133.jpg

たまたま衛兵交代の展示やってたので見学。昼間のBSでよく見るやつだ!って感じ。

景福宮には韓国国立民俗博物館も併設されていたので見学。

IMG_4148.jpg
韓国の昔の医者

IMG_4155.jpg
韓国版TENGAではなく도장(印鑑)で、日本の円柱形とは異なりこの形が一般的っぽい。

この前、パククネ辞任記念イベントやってた光化門広場を通って日本大使館方面へ。

IMG_4162.jpg
光化門広場。普段から活動家の拠点になってるっぽい。韓国でも反原発は定番なんだなぁと。

んで、なんで日本大使館に来たかっていうと・・・

IMG_3191.jpg

話題の慰安婦像を見に行ってきた。活動家と警察官がたくさん集まってて、さすがにこの椅子に座って自撮りとかは無理だった。

IMG_3205.jpg

晩飯にマックでプルコギバーガー。日本のてりやきバーガー好きなのでプルコギバーガーも普通にうまかった。

【11日目へ続く】

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/08/02(水) 11:25:22|
  2. 旅行記
  3. | コメント:0

国内・韓国周遊旅行9日目


【8日目から続く】

この日は宿から歩いていける距離にある「戦争記念館」で丸一日過ごす。

IMG_3938(レタッチ)
宿から戦争記念館への道中の景色

「戦争記念館」に入って一番最初に目に飛び込んできたのがB-52"Stratofortress"だった。とにかくデカい。画面左端にいるのは定番のF-86"Sabre"

IMG_3957(レタッチ)

他にはP-51"Mustang"とかミグとか韓国空軍のF-4とか、収蔵品の一覧はWikipedia(英語版)に載ってる。

戦車だとT-34-85とかM4とか、あとは韓国のK-1戦車とか。戦車の表面って近くから見ると鉄板っていうより砂粘土っぽいんだなーって思った。書くのめんどいので詳細は『韓国「戦争記念館」、展示戦車フォトレポート(GAME Watch)』を参照すればいいと思うよ(丸投げ)

上のフォトレポートに加筆すべき点としては、装甲車の車内は自由に入れるってこと。操縦手ごっこができる。

IMG_3990(レタッチ)

覗き窓から外見るのとか楽しい。あの覗き窓って小さい割に、想像より良く見えるんだなって感想。

IMG_3987.jpg

屋内展示は高句麗の時代、李氏朝鮮時代と韓国戦争(朝鮮戦争とは言わないらしい)の展示がメイン。んで、片隅にちょこっと日本に関する展示も。

IMG_3152.jpg

独島(竹島)に関する展示はかなりしっかりしていて、何も知らない人がここの展示だけ見たら当然韓国領だって思うだろうなーって内容だった。ちなみに、朝鮮戦争に関する展示も北朝鮮がいかに酷い国で韓国が南北統一と北朝鮮の人々の解放をどれだけ望んでいるかってのが良く分かる展示だった。やっぱ韓国の広報力ってすげえなって。他の展示だと、怪しい(原本と改行の位置が違う)日本の「降伏文書調印に関する詔書」とか、存在しないはずのカイロ宣言の文書とか、色々面白かった。屋内にも乗り物の展示が少しだけあって、T-34とか金正成のリムジンとかが展示されてる。

IMG_3171.jpg
マッカーサーのパイプ・・・本物???

戦争記念館のあとは、龍山電子商街を再訪。数日前に訪れたときは家族と一緒であまりじっくりと回れなかったので。

IMG_3179.jpg

おもしろそうな雰囲気ではあるんだけど、珍しいものとか面白いもの扱ってるわけじゃないし、かといって値段が安いわけでもないので、ココ行くなら秋葉原行ったほうが良いと思った。写真にも写ってるようにモニターとかノートPCとかがメインでたくさん売られてるんだけど、わざわざココ来て買う人いるのか???

IMG_3180.jpg

メインのビル以外はこんな感じで、大型家電とか監視カメラの店がほとんど。経営大丈夫なのか心配になるくらい客がめちゃめちゃ少なかった。オンライン販売がメインで倉庫で一応販売はしてるってスタイルなんだと信じたい。1時間くらい歩き回ってみたけど結局良い店は見つからなかった。秋葉原にアニメショップとメイド喫茶とガジェットショップが無い世界線じゃなくて良かったと心から思った。

晩飯は宿の近く歩いて適当に見つけた"Yago Mandoo"というマンドゥ(만두/饅頭)の店。

IMG_3186.jpg

韓国料理のマンドゥってのは知らなかったんだけど、ぶっちゃけ餃子と変わらない。おいしかった。

【10日目に続く】

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/08/02(水) 01:23:55|
  2. 旅行記
  3. | コメント:0

国内・韓国周遊旅行8日目


【7日目から続く】

クソほど時間あるので、とりあえず撮り鉄でもするかってことで適当に名前だけで選んで中央線に乗車。

ソウルの首都圏電鉄はホームドアのある駅が多いのと駅先に2重の柵(端っこと端っこから5mくらいのとこに2箇所)がある駅が多いので駅撮りの出来る駅は少なそうだった。郊外に行くとそうでもないんだけど。

最初に見つけた良さげな駅が回基(フェギ、회기)駅

IMG_3898(トリミング・レタッチ)

着いていきなり来たのがこのDLの単機回送。

IMG_3902.jpg

手前まで引っ張ってもケツ切れるのでちょっと微妙な撮影地。特殊発光信号機は日本と同じなんだなー

IMG_3905.jpg

形式名はどっちも同じ311000系なんだけど、製造年によって外観が違うっぽい。

再び中央線に乗って寝てふと起きたら長いトンネルを走っていて、そのトンネルを出たところの駅でふらりと降りる。降りたのは雲吉山(ウンギルサン、운길산)駅で、長いトンネルは팔당터널(読めない)って名前で4,470mもあるらしい。

IMG_3913(トリミング・レタッチ)

KORAILの客レ1本だけ撮影。時刻表見たら次の客レは1時間後とのことだったのでおとなしく帰宅。

帰りの電車、首都圏電鉄の新型電車には日本と同じようなドア上のモニターが設置されてるんだけど・・・

IMG_3096.jpg

Windows98じゃねーか!

一旦宿に戻った後、再び出撃。今度は韓国のオタクショップへ。

IMG_3101.jpg

国際電子センターというビル。このビルのワンフロアにオタクショップが集まっているというのだが・・・

IMG_3103.jpg

中野ブロードウェイのミニ版だなーって感想。売ってるアニメグッズはザッと見た感じ日本の製品で値段も日本と同じくらい。同じ階に鉄道模型の店もあったけど、扱ってるのは日本の製品で地元の車両の模型とかは無かった・・・プラモデルとかフィギュアとかゲームとかも売ってるんだけど値段も品揃えも日本の店と同じくらいだなーって印象。韓国すげえな。
ちょっとでもハングル分かれば現地オタクに話しかけたいんだけどなぁとか思いながらビルを後にする。ちょっと歩くと「オッパーカンナムスタイル」でおなじみカンナムがあるっぽいので、良く分からないけどとりあえず行ってみることに。その道中、バッティングセンターを発見。

IMG_3106.jpg

IMG_3107.jpg

ハングル読めないけど16球1000ウォン(=約100円)で100km/hなんだろなーってのは分かる。システムは日本のバッセンと同じでブース内にバットが置いてあって、500ウォン硬貨を2枚投入すると勝手に始まる。制球ガバガバだったけど安さが魅力。

IMG_3931.jpg

ここが江南(カンナム)。日本でいう渋谷とか六本木みたいな感じ?日本ほど人多くないけど。

IMG_3110.jpg

カンナムスタイルのモニュメントもあった。適当にブラブラした後、宿に帰った。

【9日目に続く】

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/08/01(火) 00:06:36|
  2. 旅行記
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ
Read me

プロフィール

ニワカ先輩

Author:ニワカ先輩
わたしのブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

リンク

My Journal

Elegy Syndrome

鉄道コム



美少女ゲーム批評空間

カテゴリ

日々の記録 (245)
旅行記 (86)
鉄道 (320)
実物車両以外の鉄道ネタ (15)
鉄道以外の写真 (22)
PCネタ (8)
未分類 (2)

月別アーカイブ

BLOG RANKING

ブログ村

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR