My Journal

おもに旅行記書いてます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国内・韓国周遊旅行4日目(ソウル)


【3日目から続く】

起床したら10時くらいになっていた。昨日、開通していなかったSIMカードを確認したところ朝になって開通していたので安心した。結局ほとんど釜山市内を観光することは無かったが、ソウルで家族と合流する予定だったのでKTXに乗りソウルへ。切符は釜山駅の旅行センター「let's KORAIL」(日本のびゅうプラザに当たる)で購入。日本語のできる駅員さんがおり、スムーズに発券できた。
韓国のJRに相当するのがKorailだが、日本と大きく異なる点が都市間列車しか運行していないというところ。都市内の鉄道はKorailではなく各都市の公営地下鉄が走っている。また、Korailでは全ての列車が指定席というのも特徴的。

DSC_0051.jpg
↑「KRパス」

これはKorail乗り放題の切符。日本のJAPAN RAIL PASSにあたるものではあるのだが、Korailの列車は全席指定席なので毎回乗車前に指定席券の発行が必要になる。Let's Korailか駅の窓口で指定席券を発行することが出来る。

DSC_0052.jpg DSC_0053.jpg
↑「指定席券」

写真で分かるように指定席券はレシートのような紙に印刷されたもので切符という感じではない。後で触れるが券売機で購入すると切符の形で発券されるので日本の鉄オタには券売機での購入がおすすめ(ただし券売機でKorailパスは使えない)。レシートのような切符からも分かるように、Korailには自動改札機が無い。それどころか、車内改札すら無い。これは主にヨーロッパでの採用が多い信用乗車方式というもので、基本的に検札を行わず、たまに行われる抜き打ちの検札でキセルが発覚すると厳しい罰金が科せられるというシステムである。

KTXは日本の新幹線とほとんど変わらないように思えた。車内放送は韓国語、英語、中国語、日本語の4ヶ国語。隣の席は軍服を着た人だった。市内で軍服を着た人が普通に生活しているのをよく見かけるが通勤途中とかなのだろうか?車窓はトンネルが多く、駅間はほとんど畑で、駅周辺に小さな町があるという日本の田舎路線に良く似た光景だった。

IMG_2952.jpg

IMG_2961.jpg
↑ソウル駅

乗り心地は良く、途中で寝てしまい気が付いた頃にはソウル駅に到着していた。釜山駅と比較してソウル駅はとても大きな駅で構内の通路もだいぶ入り組んでいた。ソウル駅から地下鉄に乗り家族との待ち合わせ場所へ。この時、釜山で購入したbee cashカード(韓国版Suica)をソウルの地下鉄でも使うことができた。家族と無事合流した後は明洞の繁華街へ。

IMG_2965.jpg
↑ユガネ(유가네)という店のタッカルビチャーハン

明洞では日本語がかなり通じる。ちょっとしたサラダやキムチをバイキング形式で取ることができた。どこの店でも注文したものと他にキムチなどの小皿が付いてくるのが一般的なようだ。
昼食を食べた後、ソルビン(韓国風かき氷)のお店に行ったのだが、店内のトイレに行こうとしたらナンバーロックがかかっていた。紙に何か書いてあるのだが、ハングルなのでさっぱり分からず。困っていたら近くの人が開けてくれて助かった。トイレには紙を流すことができず、紙は隣のゴミ箱へ。そういうトイレはここくらいで、他のトイレは紙をそのまま流すことができた。というか、むしろ「紙はトイレに流してください」って張り紙してあるところが多かった。
街の両替屋で両替。レートは1円=10ウォンの一般的なものだった。その後、おすすめのお菓子があるということで近所のスーパーへ。日本にも売っている「クランキー」がバーになったものだった。種類もいくつかあった。雑貨屋や洋服屋、化粧品屋などを回った。韓国では明洞だけでなく様々な場所に屋台を出して路上で販売している店がある。そのほとんどはブランドもののパチもんの洋服屋。

IMG_2979.jpg

夕飯はホテルから歩いていける東大門駅前の「kyo chon chicken」というお店でチキンを食べる。ガーリック醤油味とレッドペッパー味の2種類のハーフアンドハーフを食べた。レッドペッパー味はとても辛くて食べただけで口の周りがヒリヒリするほどだった。ビールも注文。

IMG_2978.jpg

こちらで主流なビールはcassビールかOBビールっぽい。OBビールを飲んだが、甘めの味で飲みやすかった。一番搾りと似てるかもしれない。この店で食事をしたのは0時近かったが周りのお店でも営業している所が多数あり、どこの店も夜遅くまで営業しているようだった。東大門で記念に写真を撮り、東大門駅前のチムジルバン「スパレックス」へ。店舗がある「東大門グッドモーニングシティ」は22時頃に閉まってしまうが、地下にあるチムジルバンに行くためのエレベーターは24時間稼働している。着いたのは1時頃で、浴室は清掃作業が始まってしまっており、3つある浴槽は1つ残して水が抜かれ、シャワーコーナーも半分だけの稼働で清掃中だった。男女共用の大広間のようなコーナーがあるが、そこには床で寝ている人がたくさんいた。壁には人が1人横になれるような穴があり、そこで寝ることもできるのだがほとんど全て埋まっていた。同じところにサウナもあるのだが、館内着を着たままサウナに入るのだろうか・・・だとすると汗だくのまま寝ることになるのではないかと思うのだが・・・今回は宿泊が目的ではないので風呂だけ入ってホテルに戻って寝た。

【5日目その1に続く】

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/05/07(日) 20:56:30|
  2. 旅行記
  3. | コメント:0

国内・韓国周遊旅行3日目(釜山)


【2日目から続く】

ビール片手に野球見て寝落ちして起きたら8時だった。チェックアウトを済ませて牧志駅から那覇空港へ。

IMG_3577.jpg

那覇空港でF-15とか旅客機とか眺めて、搭乗前急に腹減ってきたから売店で生姜焼き弁当(500円)購入して食べる。国際線ターミナルの放送は韓国語と中国語ばっかり。韓国プサンへの飛行機はアシアナ航空OZ169便。搭乗するとガラガラで機体中央にチラホラいたが日本人ではなかった。搭乗してすぐに中国語の税関申告書を渡されたが交換してもらった。離陸後しばらくすると機内食が出てきてビックリ。朝出て昼前に着くので無いと思ってた。さっき食べたばかりだけど空の上での食事楽しんだ。コチュジャンソースがついているのが韓国行きの飛行機らしい。

IMG_2898.jpg IMG_2900.jpg

もちろん日本語ができる乗務員も乗ってはいたが全員韓国人っぽかった。操縦士は韓国人で放送も韓国語。副操縦士は英語圏の外国人っぽい雰囲気で放送は英語。

IMG_2904.jpg

上の写真は釜山到着前の景色だが独特の景色だった。建物の屋根の色が統一されていたり、団地みたいな同じ建物が並んでる所が多い。思っていたより高い建物が多かった。着陸後、軍用機が見えた。空港は日本と違ってエプロンが見えにくくなっていた。入国審査官は無言。指紋とって顔写真撮っただけで事務的に終了。

空港に着いた後はひたすらSIMカード探し。まず空港にあった通信会社は「Olleh kt」と「LG U+」の2社だったがktは携帯レンタルのみでLGは売り切れだった。結局、PLAY WIFIというSIMカードを買うことができたがポケットWi-Fiで動作しなかったのでダメ。空港のWi-Fiは接続先がかなりたくさんあって困ったけど無料でネット接続できるのがちゃんとあった。空港でSimカードを手に入れることはできなかったが、仕方ないので電車に乗る。ここだけメトロとは別料金らしい。チケットではなくコインが出てきた。乗車時にタッチして入場して、降車時に改札機に入れて出場する。韓国版Suicaがあると聞いていたので買いたかったんだけど買う場所分からず断念。

IMG_2907.jpg IMG_2908.jpg

IMG_2910.jpg

釜山金海軽電鉄という路線。終点の沙上駅で乗り換え。釜山駅行きの片道切符を券売機で購入。これは普通のチケットだった。

IMG_2913.jpgIMG_2914.jpg
↑切符

IMG_2917.jpg
↑改札

IMG_2915.jpg
↑ホーム

ここで大問題が発生する。釜山方面とは逆向きのホームに入ってしまった。日本と違って上りホーム・下りホームそれぞれに改札がある構造だった。仕方ないのでとりあえず終点まで乗車。終点で降りられるかビビったけど大丈夫だった。改札内に精算機が置かれていなかったのだが完全一律料金なのだろうか。改札を出るとそれなりに大きい街だったので、ここでもSimカードを探すけど見つからず。携帯ショップはたくさんあるんだけどプリペイドSimカードを扱ってなかった。

IMG_2916.jpg

バスターミナルがあったので行ってみたけど英語表記は無く全てハングルで書かれてて全く分からず。諦めて駅に戻ってきた。駅の売店でもSIMカード無いか聞いてみたら少しだけ日本語の話せる店員さんだった。適当に電車乗ってみるもんだなーと思った。Simカードは無かったが、韓国版Suicaを買うことが出来た。最初、キーホルダーを指差されて困惑したが、なんと後から調べたら韓国版Suicaにはカード型とキーホルダー型があるらしい。3000ウォンで買えた。これにはチャージ分は含まれていないので券売機で入金する。再び地下鉄に乗り釜山駅へ。1時間くらいかかった。

IMG_2919.jpg

地下鉄釜山駅とKORAIL釜山駅は直結しておらず一回地上に出なければならない構造。地下鉄釜山駅前がチャイナタウンになっている。SIMカードがありそうな雰囲気だったので3軒くらい覗いたけど使えるSIMカードは売ってなかった。Simカードを探すのは諦めてKORAIL釜山駅でスポットWi-Fi(1日3000ウォン)に登録して宿を探す。すぐ近くにあった25000ウォンの宿にした。とりあえず宿に荷物を置きに行く。宿に着くと受付に誰もおらず、電話番号やLINEの連絡先が書かれた紙が貼られていたので宿のWi-Fiを使ってLINEで連絡。すると軽い感じで返信が来て、すぐに黒人の受付の人が上から降りてきた。部屋は事前に調べて出てきた写真よりも遥かに良くて床暖房も効いていて良かった。

IMG_2921.jpg

荷物を置いて再び街に出る。KORAIL釜山駅のインフォメーションでSIMカードを売っているGS25というコンビニの場所を教えてもらいそこでSIMカードをようやく購入。この時点で21時くらいになっていた。まさか丸1日使ってSimカードを探すことになるとは思ってなかった。そのまま釜山の街をぶらりと歩きまわる。チャイナタウンの隣には市場のようなのがあった。21時過ぎだったのに営業してることに驚いた。ただ、せっかく夜遅くまでやってるのに客は少なかった。

IMG_2926.jpg

ロシア語が書かれた店が多いのも印象的だった。ロシア語もハングルも分からないので何の店か分からないが。

IMG_2943.jpg

夕飯を食べる店を探すが一人で入れそうな店がなかなか見つからない。駅前に一人客のいる飯屋を発見したのでそこにする。まず店に入って何も言われないので勝手にその辺の席に座る。席に着くと謎の注文用紙のようなものがあったがハングルのみで全く分からない。後から来た客がメニューをもらっていたので同じようにしてメニューをもらう。次に店員の呼び方が分からない。適当に手を上げて合図する。注文のビビンバとラーメンは日本語と同じで通じた。料理が来て箸とかスプーンとか無かったので困惑していたら韓国語で何か言われたんだけど全く分からず。呆れ顔で、机の下が引き出しになっていてスプーンや箸が入っているのを見せてくれた。料理はめっちゃ辛くてラーメンはインスタントっぽかったけどおいしかった。値段はとても安く、ビビンバが5000ウォンでラーメンは3000ウォンだった。

IMG_2933.jpg

IMG_2930.jpg

食べた後はセブンイレブンでKGBウォッカという怪しい酒を購入してホテルに戻る。

IMG_2947.jpg

ホテルでとりあえずシャワーを浴びたのだが、外国によくあるトイレとシャワーが同じところにあるやつ。これ本当にシャワー使って良いのかっていつも思う。シャワー浴びたあとしばらくトイレ入れなくなると思うんだけど。シャンプーやタオル類は完備。お湯の勢いはあまり良く無かった。無いよりはマシ程度。その後テレビ見たり旅行記書いたりしてたら1時半に。

【4日目に続く】

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/05/06(土) 18:52:20|
  2. 旅行記
  3. | コメント:0

国内・韓国周遊旅行2日目(那覇)


【1日目から続く】

2日目(3月7日)、松山を後にする前に坊っちゃん列車に乗ってから帰ることにした。しかしそれまで時間があるので伊予鉄に乗って松山駅へ。あえて環状線を逆周りに乗って向かう。途中、一部区間だけ専用線になっていた。

IMG_3369 のコピー
↑1日目(3月6日)撮影@県庁前にて

松山駅に着くとなんと伊予灘ものがたりが入線してきた。平日だったのでイベント列車などはハナから走ってないだろうと思っていたのでとても驚いた。車内はほぼ満席のように見えた。

IMG_3504(レタッチ)

入線時にはテーマ曲がホームに流れていた・・・と思ってたのだが、いま調べてみたらアレは車両から流れているミュージックホーンらしい。

参考動画(Youtube):キロ47形「伊予灘ものがたり」ミュージックホーン

他にも気動車などを撮影して再び伊予鉄5号線に乗り、道後温泉駅へ。道後温泉駅で坊っちゃん列車のチケットを買う。立ち席しか残っていないらしい。普通の列車の運賃は一律160円なのだが800円もした。かなり高いがこれに乗るのが目的でわざわざ道後温泉駅まで来たので切符を購入。

IMG_3524.jpg

ちょっと時間があったので道後温泉本館を見に行って戻ってきたら、坊ちゃん列車が昨日展示されていた位置から推進運転で駅に入線しているところだった。機関車1両に客車2両の編成。乗客は2両で40人くらい、後ろの客車ではテレビの旅番組の撮影が行われていた。関西のテレビ番組らしい。「マッチ箱のような車両」に大勢が乗るので山手線並みの混雑。立つと天井に頭がつきそうなくらい小さな車体なので窓からの景色は立っていると見えない。正直、乗るよりも走ってるのを見るほうが楽しいと思う。走行中、天井のほうから何かがぶつかる音が聞こえるのだが、これはパンタグラフを上げ下ろしする音。このパンタグラフは通電されておらず、架線付近にあるポイント切り替えスイッチ(トロリーコンタクター、通称トロコン)を叩くためについている。

市駅到着後の編成組み換えがおもしろかった。機関車を切り離して分岐器まで移動した後、車体を手動で回転させる。そこまで見て時間切れ。ホテルに荷物を取りに行ってチェックアウトをして空港行きのバス乗り場へ。バス乗り場に向かう途中に見ると、編成が組まれた状態で留置されていた。

IMG_3541.jpg

行きに乗ってきた路線バスとは異なり、空港までノンストップの観光バス型車両だった。空港でツブツブ入りポンジュースとポンジュースグミを購入して飛行機に搭乗。

IMG_2854.jpg


IMG_3550.jpg

那覇空港への飛行機はNH1883便、機体はB737-800(JA63AN)。乗客は羽田松山便とは明らかに異なり観光客が多かった。今回は窓際の座席だったのだが、窓から見える瀬戸内海がきれいだった。離陸後しばらくして陸地が見えてきたので中国地方が見えているのかと思いきや既に九州上空との放送が流れてビックリ。放送でしきりに空港混雑のため遅延の見込みと言っていたが結局スムーズに着陸して遅れは無かった。那覇にアプローチしている時、島いっぱいに石油タンクの並んだ平安座島が見えた。

IMG_2866.jpg

その後右にぐるっと旋回して空港へ。那覇空港到着後はすぐにモノレールに乗って移動。1日乗車券が当日限りではなく24時間使える良心的な設定。乗車券は通常の切符も1日乗車券もチャージ式のプリペイドカードもすべてQRコードによる改札。改札機にQRコードを読み取る部分が付いているのでそこにQRコードを読み込ませて改札を通る。

img003.jpg

まずは壺川駅からJR九州沖縄支店へ。おみやげに切符を発券してもらい、たまたま近くにあった沖縄そばの店へ。

IMG_2882.jpg

沖縄そば食べた後、他の人にも切符を買ってきて欲しいと言われたので再びJR九州へ。受付のお姉さん「廃止が決まってから鉄道ファンが多く来て驚いた。変な駅の発券させられて大変。」とのこと。牧志駅からホテルへ。荷物を置いて首里城へ。首里駅から徒歩20分くらい。ちょっと遠い。守礼門見たときこんなしょぼかったっけ?と思った。1回スルーして通りすぎたくらい普通の門。天守というか王がいる所を守礼門だと思ってた模様。

IMG_3553.jpg

他に行く予定もないので見学コースをのんびり回る。明らかに最近の建物なのだが、これは戦争により焼き尽くされ戦後復元されたためだという。

IMG_3566.jpg
↑首里城正殿

IMG_3568.jpg
↑王座

IMG_3571.jpg
↑王冠

王様は王冠とか玉座とか日本の将軍と違ってパリピなのかな?とか思いつつ、首里駅からモノレールで牧志駅に戻る。国際通り散歩して途中ダイコクで花粉症対策のグッズ購入。店員が中国人で中国語で話しかけてくるんだけど何言ってるか分からない。よく分からないけど黒飴をくれた。戻ってきて牧志駅前でオリオンビールとのり弁を購入。コンビニでビールを買おうとしたら中国人がレジで購入してる最中に割り込んできて驚いた。どういう発想なのか。牧志駅周辺は中国人観光グループの集合場所になっているらしく中国人だらけ。中国語をしゃべってる観光客が非常に多かった(台湾人かもしれない)。あと、海外客も日本人客も共通して言えることなのだが明らかに男よりも女が多いと感じた。

IMG_2886.jpg

ホテルに戻ってのり弁食ってビール飲みながらWBC見てたら寝落ちした。今回泊まったのは牧志駅近くにあるアベストCUBE那覇国際通りという宿。寝台列車「北斗星」のB個室を思い出させる内装だった。最近オープンしたばかりでとても綺麗なのに安い(オープン記念で3200円)という最高の宿だった。ぜひまた利用したい。ところで、那覇では首里城と国際通りくらいしか観光地をまわらなかったが、他に昼に行くような観光地が思いつかなかった。夜だと安い居酒屋とかそういう店とかもあるらしいんだけど一人で行くのもなぁ・・・という感じ。特定の観光地ではなくて、普通のその辺の景色が日本と違っておもしろいので原チャ持ってきてツーリングとかしたら楽しそう(やるとは言っていない)

【3日目に続く】

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/03/27(月) 18:00:32|
  2. 旅行記
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ
Read me

プロフィール

ニワカ先輩

Author:ニワカ先輩
わたしのブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

リンク

My Journal

Elegy Syndrome

鉄道コム



美少女ゲーム批評空間

カテゴリ

日々の記録 (244)
旅行記 (79)
鉄道 (320)
実物車両以外の鉄道ネタ (15)
鉄道以外の写真 (22)
PCネタ (8)
未分類 (2)

月別アーカイブ

BLOG RANKING

ブログ村

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。